日本では「少子高齢化」が急速に進み、特に国の発展を担う生産労働人口(15~64歳の人口)が急減するため、経済の活力を維持できなくなってしまうという重要な問題が控えている。…[もっと読む]                
Pocket