米国の雇用関連統計に「求人・労働異動調査(JOLT:Job Openings & Labor Turnover)」というものがあります。これは、求人、採用、離職、退職、解雇といった、労働力の流動性を示す統計です。景気循環に対して遅行する傾向があるほか、発表が翌々月ということもあり、…[もっと読む]                
Pocket

外資系企業とのM&Aは難しいと言われているが、なぜリクルートは米国で生まれた世界最大の求人サイト「indeed」の買収に成功したのか。M&Aを仕掛けたのは、リクルートホールディングスの最年少執行役員・出木場久征氏。彼に当時の話を振り返ってもらった。…[もっと読む]                      
Pocket